高専卒業生が実際に感じた高専のメリット、デメリット|正直に答えます。

電力会社(大企業)

私は、5年間高専に通い、卒業しました。

そのあと電力会社に入りましたが、
その私が経験して思う高専卒のメリット、デメリットを今回紹介しようと思います。

この記事を読むと、

高専卒業生が実際に感じた「高専卒のメリット・デメリット」がわかります。

高専のメリット

専門知識が身につく

高専は専門知識が大卒以上に身に付けることがきます

1年生から5年間、専門分野の勉強をするため、大卒に負けない知識を持って就職できます

就職してから、大学生卒の同期と同じ土俵で会話ができます。

会社の先輩たちとも、同じ土俵とは言いませんが、話についていくことはできます。

就職に強い

専門知識が豊富なため、就職率は高いです。

高専固有のコネもあり、様々な企業に就職可能で、大企業へ就職することも可能です。

就職先についてはこちら
【就職に強い】高専卒の就職先はどんなところ?|分野別に就職先を紹介

自由

学校が専門学校の性質も入っていることから、高校時代から大学生のような生活が味わえます。

  • 服装自由
  • ピアスOK
  • 金髪OK
  • 遅刻OK
  • バイク、車の免許OK
  • 授業中も割と自由(ジュース飲んだり、ゲームしたり?)

4年生からは、特に授業のコマも選択性になって、本当に自由な時間が増えます。

自由が多いため、自由を満喫する人(いわゆるヤンキー)は多くなります。

会社で即戦力として重宝される

高専卒は即戦力として扱われます

大卒や高卒と比べて、専門性が特に高いからです。

私は入社すると、「即戦力だ」ということで、ものすごく仕事を任されました

ほかの高専卒の同期や後輩もだいたいそのような感じだということでした。

教育費が安い

高専はコスパがすごくいいです。

高校+専門学校の学歴がもらえて、就職は大卒に負けるとも劣らないところに余裕で入れます。

学校の入学金、授業料が大学や専門学校に行くのと比べると安く、20歳には就職することから、親には感謝されました。

大学や専攻科に編入可

自分の意志次第で、大学に編入可能です。

もし5年生を卒業しても勉強をしたい場合、大学に編入することも可能です。

また、専攻科というものもあり、大学3、4年生分の勉強を高専内で延長できる科に入ることも可能です。

そのため、高専だからといって、無理に就職することもなく、勉強を続けることも可能です。

高専のデメリット

赤点が60点(勉強の内容が難しい)

赤点が40点ではなく、60点であるため、正直勉強は大変です

しかも、内容は年々難しくなり、高校レベルじゃないものを高3の時にやったりします。

課題やレポートも多いので、勉強は大変です。

なので、留年するひとも、ちらほらいます。

大学ライフが味わえない

「メリット」の「自由」のところで、大学生のような生活を味わえると書いたのですが、本物の大学生ライフではないです。

高校と大学の間のような感じで、中途半端です。

また、期間も2年と短いです。

高専卒のほとんどは、就職してから、大学に進級した同世代を見て、大学に行けばよかったと後悔する人が多いです。

寮が厳しい

高専にはたいてい寮があります。

私の入っていた寮では、

  • 食堂に入るときは、大きな声であいさつ
  • お風呂の時間制限、順番厳守、場所制限
  • 就寝時間の厳守
  • お風呂掃除

などがありました。

年上の後輩が会社に入ってくる

会社に就職した後は、後輩がどんどん入ってきますが、次の年の大卒や院卒は、年上の後輩という立場になります。

21歳で入社するので、後輩が大卒、院卒の場合(23、25歳なので)、年上となります。

年下なのに、先輩だというのが、いやな人もたまにいます。

これに関しては、高卒も同じ悩みがあるかと思いますが、うまくやるしかありません。

たまに、妙にプライドが高い人もいるので、気を付けてください。

5年間同じメンバー

高専は、各科1クラスというのがふつうです。

例えば、電気科なら電気科のクラスメートは5年間変わりません

クラス替えがありません(できません)。

5年間同じクラスメートなので、人間関係がこじれるとすこし大変です。

特に、男女関係のこじれは、最悪です。

友情関係が一気に崩れるので、注意して下さい。

高専病

高専病とは、目に入る女子全員かわいく見える現象です。

実際に私もかかりました。

たぶん全員かかります。

高専は工業系のため、女子が少ないです。

女子を見る機会が限りなく少ないので、他の高校の女子をみると全員かわいく見えます。

そのため、高専女子は高専内での男子からの競争率が高く、イケメンと付き合えます。(断言)

まとめ

【メリット】

  • 専門知識が身につく
  • 就職に強い
  • 自由
  • 会社で即戦力として重宝される
  • 教育費が安い
  • 大学や専攻科に編入可

【デメリット】

  • 赤点が60点(勉強の内容が難しい)
  • 大学ライフが味わえない
  • 寮が厳しい
  • 年上の後輩が会社に入ってくる
  • 5年間同じメンバー
  • 高専病

高専卒のメリット、デメリットを書きましたが、結局、メリットの方が大きいと私は感じます。

高専はとてもいいところでしたので、私は高専に行ったことを後悔していません

高専に進学しようか迷っている人はこの記事を参考にして、進学先を考えてみてください。

実際に高専にいて、さらに電力会社では様々な高専卒を見てきましたが、私の感覚では、高専卒の人は特に数字に強く、賢い印象です。

今給料が物足らないと感じているあなた、ぜひ資産運用も検討してみてください。
レバナス×ジュニアNISA|最高効率で安定的に資産運用する方法教えます。【爆発力×安定感】

タイトルとURLをコピーしました